生物分類技能検定

生物分類技能検定

生物分類技能検定とは?

(財)自然環境研究センターが主催する認定試験で、動植物の正しい分類についての基礎知識を習得し、「自然環境の保全」「動物分類学や植物分類学の発展」のための知識を養うのが目的です。

ランクは1級〜4級の4つです。趣味レベルは3級までで、2・1級は野生生物調査に関わる生物技術者などを職業として、環境アセスメント調査・生物調査に関わる人向けの内容です。

3級までは身近な生物(野生種、栽培種、家畜、野菜、果物など)の区別や形に関する基礎全般を学びます。

2級からは動物部門、植物部門と分けられより深い知識を学んでいきます。

自然環境や生物の多様性を計る調査の基本は、学校の理科・生物では充分に学べていない。もっと 「種の概念」「種の区分」について正確に認識する必要があるということです。

資格DATA

資格区分 民間資格
受験資格 ・なし
・ 1級のみ「3年以上の業務経験があり、2級の当該部門に合格した者」
受講内容 : 筆記試験など(各級で異なる)
受験料 : 4級 3,000円 3級 5,000円 2級 7,500円 1級 12,000円
問合せ先 : (財)自然環境研究センター 生物分類技能検定事務局
〒110-8676 東京都台東区下谷3-10-10
TEL:03-5824-0954 FAX:03-5824-0956

 

スポンサードリンク