盲導犬訓練士になりたい

盲導犬訓練士になりたい

盲導犬クイールの映画感動しました。
そんなの観てないよ。って方、ぜひ一度ご覧くださいな。
盲導犬訓練士がどんなものかが映像でわかります。

不足する盲導犬

全国で約7,800人の視覚に障害のある方々が、盲導犬を希望しているのに対し、街で活躍する盲導犬の数は、927頭(平成15年3月31日現在 日本盲導犬協会参照)です。供給が全く足りていません。

それは、どんな犬でも盲導犬になれるわけではないからです。訓練を始めた犬が盲導犬になれる割合は、3〜4割といわれています。盲導犬がもっと必要とされているというのが現状です。

訓練士になるには?

盲導犬になるには「盲導犬の訓練を目的とする法人」で訓練された犬でなければならないと道路交通法施行令で定められています。

なので、盲導犬訓練士になるには指定されている法人、全国で9つある盲導犬育成団体に入ることが必要です。

採用条件は協会により異なりますが、定期的に採用はせず、欠員がでたときなどに、募集を行うケースがほとんどです。

就職を希望する人は、早めに育成団体にコンタクトをとっておきましょう。頻繁に連絡をとっていれば欠員がでたときに情報をくれる可能性があります。以下が、各団体のホームページです。

(財)北海道盲導犬協会 http://www.h-guidedog.org/
(財)栃木盲導犬センター http://business3.plala.or.jp/guidedog/
(財)日本盲導犬協会 http://www.moudouken.net/
(財)アイメイト協会 http://www.eyemate.org/
(財)中部盲導犬協会 http://www.tcp-ip.or.jp/~chubu/
(財)関西盲導犬協会 http://web.kyoto-inet.or.jp/org/kgdba/
(社福)日本ライトハウス http://www.lighthouse.or.jp/
(社)兵庫県盲導犬協会 http://www.moudouken.org/
(財)九州盲導犬協会 http://www.fgda.or.jp/


ただし、就職できたとしても盲導犬訓練士になれたわけではありません。盲導犬訓練士になるには、まず就職してから研修生として3年間実務を学びます。そして、知識や訓練技術が水準に達すれば盲導犬訓練士になれます。

さらに2年の実務を経験し、訓練技術、専門知識、経験事例が水準に達すると、盲導犬歩行指導員として認定されます。

脱落者が多いという話も聞くので、これから盲導犬訓練士を目指そうと思っている人には、ぜひがんばっていただきたいです。

 

スポンサードリンク


このページの先頭へ戻る