警察犬訓練士になりたい

警察犬訓練士になりたい

警察犬訓練士には2つの道がある

警察犬には、直轄犬嘱託犬の2種類がいます。

直轄犬というのは、警察が所有し、嘱託犬は警察の代わりに民間が訓練士します。



警察では毎年犬の審査会を実施
して、これに合格した犬が嘱託警察犬として登録されることになります。家庭で飼われている犬でも、審査会を合格すれば警察犬になれます。


嘱託犬は民間が訓練をし、警察の要請に応じて出動します。この民間に所属する訓練士が「嘱託警察犬訓練士」と呼ばれています。


直轄犬を扱う訓練士は「直轄警察犬訓練士」と呼ばれますが、こちらは警察に所属するために、警察官の採用試験に合格しないとなれません。しかも警察官になれたとしても、配属先もどうなるかわかりません。訓練士というより、警察官というべきか?


ということで、「警察犬を訓練したい!」という人は「嘱託警察犬訓練士」を目指すべきだと思います。

必要な資格・スキル

訓練士には「家庭犬、警察犬、盲導犬、介助犬、麻薬探知犬、災害救助犬」と大きく6つに分けられます。それぞれ訓練技術・就職先もことなります。

また団体も「盲導犬育成団体」「聴導犬育成団体」「介助犬育成団体」「災害犬育成団体」それぞれ存在します。


警察犬訓練士には、国家資格はないのですが、ここで紹介している3つのうちのいずれかを取得するのが一般的です。訓練技術が必須なので、向上心がある方なら必然的に資格に挑戦していく事になるでしょう。


訓練技術を取得するために、「訓練所で修行する」か「訓練士養成学校へ通う」必要があります。しかし、

訓練所で修行する場合は、通常5〜6年の見習期間があります。


給料にも大きな差があるようで、食費などを引いて1万円くらいのところから入所期間によって上限8万円くらいまで。もちろん無給というところもあるようです。相当の覚悟がいります。


学校へ通った場合も2年の勉強・経験では足りないらしく、卒業後に訓練所に入所するのが一般的のようです。
一番の近道は最初から訓練所に入所することでしょうか、それでも5、6年なので近道とは言えないかもしれないですね。


●一般的に必要とされている資格

1:JKC公認訓練士

2:NPD公認訓練士

3:JSV公認訓練士

目指すチャート

警察犬訓練士になるチャート

 

スポンサードリンク