動物園で働きたい

動物園で働きたい

どんな仕事があるの?

動物園で働くというと「動物の飼育係」がまず思い浮かびますが、飼育係以外にも「企画」「販売」「経理」など一般の会社を同じような仕事もあります。人数は少ないですが、獣医師の資格を取得し動物園のお医者さんとして働く人もいます。

動物飼育係の日課は、「動物のエサやりや掃除等の飼育」「動物の体調管理」また、動物園では動物の交換や飼育方法の話し合いなども盛んに行われます。

動物飼育係は動物好きであるのはもちろんのこと、一日中動き回るので体力も必要です。様々な種類の動物を扱うので、豊富な知識も勉強し身に付けなければなりません。

仕事内容は肉体的にハードですが、動物好きにとっては幸せな職場です。

ところで、動物園には公立と民間(私立)の2つがあります。

公立の場合は、公務員試験で採用が決まるので、各自治体または動物園のホームページや広報誌で、採用試験の情報がないかチェックしてみてください。

民間の動物園で働きたい場合は、採用条件は各動物園によるので手紙、電話等で問い合わせてみてください。

ただし!動物園は欠員があった場合に募集が行われるのが一般的です。定期的に新卒採用を行っていないので競争率が高いです。動物園で働きたいと思っている人は日頃からチェックしておきましょう。

必要な資格はあるの?

動物園で働くのに資格は必要ありません。

しかし、畜産系の大学・短大、動物関係の専門学校の出身者が優先されるので、今高校生で将来動物園で働きたいなと思っている人は高卒で就職ではなく、畜産系の大学、専門学校を目指した方がよいと思います。専門知識が必要な仕事です。

最近は大卒が条件の動物園もあります。

動物園で働くのに必要な資格はありませんが、動物園では海外との交流もさかんなので、英語が話せると有利です。英語が話せて、専門知識があれば動物園では重宝されることでしょう。

動物園で働く人のお役立ちサイト

動物園で働く

 

スポンサードリンク