ペットシッターになりたい

ペットシッターになりたい

どんな人が向いているの?

ペットシッターとは、犬や猫などの飼い主さんが旅行や諸事情でペットの世話ができない時に、代理で世話をする人のことをいいます。ペットホテルではペットを預かるのですが、ペットシッターは飼い主さんの自宅に出向いて世話をします。ホテルに預けるよりも、自宅の方がペットにとってストレスが軽減されます

しかし、他人に家の鍵を渡す事になるので、信頼される事が第一条件です。家に入れても安心だと思ってもらわなければならないので、男性よりも女性向きの仕事です。ペットの生活環境は飼い主により異なるので、どのペットも同じように世話をするのではなく、ペットの性格・環境を考えて世話をしなければなりません。

連休など、みんながお休みの時に働かなければならないので、その覚悟も必要です。自分の本業が休みの時だけ副業としてペットシッターを行うことも可能です。

●持っていると便利な資格
1:トリマー
2:愛玩動物飼養管理士
3:動物看護師

どうやってペットシッターをはじめるの?

ペットシッターは仕事場が飼い主の自宅になるので、店舗も必要なければ看板も必要ありません。動物に対しての「愛情・飼育・看護・しつけの知識」があればすぐにでも始めることができます。ペットシッターを始める方法は大きく2パターンで

1:個人ではじめる
2:ペットシッターのフランチャイズや代理店に加盟する。

「個人ではじめる」場合は営業・サービスなどのノウハウ、各種動物の知識などを全て自分で取得しなければなりません。宣伝をするために、自分でホームページを作る必要もあります。

ペットに関する知識を身に付けたいという人は、こんな通信講座もあるので興味があったら資料請求してみてください。

「がくぶん総合教育センター」ペットケア/動物介護士

「フランチャイルズに加盟する」場合は、フランチャイズ会社が、動物関連の知識や営業など必要な知識は全て教えてくれます。また様々な情報が蓄積されているので、なにか問題が起こった時に相談もできます。お客さん側も個人よりも、フランチャイズなどに所属している人の方が安心すると思います。

問題は加盟金や各種手数料です。0から自分でやっていく自身があれば個人で始めればよいし、お金はかかっても、基本的なノウハウを知りたいという人はフランチャイズ等に加盟して始めるのがよいと思います。

目指すチャート

例1:ペット通販の団体に加盟する
これが手っ取り早い方法です。
販売ノウハウや知識を直接教えてくれるので、業界未経験者はこんな始め方もあります。お金はかかります。
ホームページも大体、会社側が作成してくれます。

◆ペットシッター団体のピックアップ
ペットシッターSOS
日本ペットシッターサービス

◆ペットシッター養成スクール
ペットシッタースクール(ビジネス教育連盟)

例2:個人ではじめる
「動物関連の学校を卒業している人」や「業界を経験している人」は知識があるので始めやすいです。市場分析、事業計画、営業方法、サービスなど自分でしっかりと計画してからはじめましょう。

 

スポンサードリンク