パピヨン

パピヨン

パピヨンはどんな犬?

パピヨンの紹介

パピヨンの写真 →体高:オス・メスとも28cm以下
→体重:オス・メスとも4〜5kg程度
→原産国:フランス、ベルギー
→性格:活発で人なつこい。
→お手入れ:週に数回はブラッシング

パピヨンの歴史

パピヨンの祖先犬は、16世紀頃にフランスの上流階級の人々に愛された「ドワーフ・スパニエル」と考えられています。フランスのルイ16世の王妃マリー・アントワネットもパピヨンを愛していました。

「パピヨン」はフランス語で""の意味を持ちます。この犬の耳がまるで蝶の羽根の様に見える事からパピヨンと名づけられました。

また、パピヨンは「立ち耳」だけでなく、「垂れ耳」のものもいます。「垂れ耳」をもつものはファレーヌとも呼ばれます。

大人になると耳と尻尾に、美しい長い飾り毛が生えます。

"優雅""快活""賢い"とても飼い易い犬

パピヨンの性格で一番目立つ特徴は"快活"さ。ピョンピョン跳ねるという表現がピッタリの犬です。遊ぶことが大好きなので、よく遊んであげられる飼い主さんとは相性がよいでしょう。

無駄吠えも多い犬種でなく、お手入れも比較的楽だし、人懐っこい。初心者でも飼い易い犬だと思います。

被毛もシングルコートで、換毛期がないというのも室内で飼うには高ポイントです。ダブルコートの犬は換毛期に毛が沢山抜けるので室内だと結構大変なのです。換毛期がないといっても人間の髪のように定期的に毛は抜けます。また赤ちゃん毛から大人の毛になる時も沢山の毛が抜けます。

とても飼いやすいパピヨンですが、神経質・繊細な性格を強くもつ子もいるので、そのような子の場合は、強く叱りすぎると飼い主に恐怖心を抱くようになってしまいます。要注意です。

パピヨンは本当に快活なので、犬と一緒に沢山遊びながら暮らしたい!という人にはピッタリかも。

 

スポンサードリンク