犬の分類--用途別--

犬の分類--用途別--

用途による犬の分類

犬の分類には、人間から見た「用途による分類」と原産地や性質による「系統による分類」の2つがあります。ここでは、「用途による分類」を見てみます。

 

わたし達が家庭で飼う場合は用途もなにもなく、愛玩として飼っている人が中心だと思いますが、もともとは人間のお手伝いをするのが主な目的でした。あなたの愛犬はどこに分類されるでしょうか?

 

英国ケネルクラブ(KC)の分類

 

猟犬種
1:ハウンド・グループ
2:ガンドッグ・グループ
3:テリア・グループ
非猟犬種
4:ワーキング・グループ
5:トイ・グループ
6:ユティリティ・グループ

 

アメリカンケネルクラブ(AKC)の分類

 

1:スポーティング・グループ
2:ノンスポーティング・グループ
3:ハウンド・グループ
4:テリア・グループ
5:ワーキング・グループ
6:トイ・グループ
7:ハーディング・グループ

 

スポンサードリンク