犬の歴史

犬の歴史

大昔から人間の手伝いをしていました。

犬の起源は定説では1万4000年前にさかのぼると言われています。犬の先祖は狼になりますが、明らかに野生の狼と違う骨格が出たのがこの頃になります。

 

人間は自分達の手助けになってもらうために、動物達を家畜化してきました。牛などもそうですね。

 

犬の場合は野生の狼の頃は集団で狩りを行っていました。

 

そのため、人間にとっての狩猟の手助けや番犬の役割を果たしていました。

 

現在の一般家庭で飼われている犬は、飼育しやすい様に改良されてきた愛玩犬です。チワワ、ミニチュアダックス、トイプードルなどがその典型ですね。逆にグレイハウンドなどの犬は狩猟目的に改良されてきたので、自分自身で獲物を捕らえようとする自尊心と俊足をもっています。

 

このような改良は欧米が中心に行ってきました。日本では犬種の改良は行われてきませんでした。欧米は動物愛護に関しても法整備が整っており、日本と比べ動物に関する考え方が非常に進んでいるようです。

 

スポンサードリンク