乳歯から永久歯へ

乳歯から永久歯へ

犬の乳歯について

生後約4週目に乳歯が生え始めます。そして9週目には28本全てが生えそろいます。

 

乳歯から永久歯へは約14週目から生え変わります。
永久歯の数は大幅に増え、合計42本になります。

 

乳歯は自然に抜けることが多いですが、時々残ってしまうことがあります。
生え変わる時期になったら、犬用のガムや硬い食べ物を与え生え変わりを助けてあげましょう。

 

無理やり抜くのは歯根が残る事があるのでやめましょうね。
歯が生え変わると4種類の歯がそろいます。

 

1:切歯
左右の犬歯の間に生えている歯です。人間でいうと前歯の位置です。
名前のとおり食べものを細かく切る役目です。

 

2:犬歯
もっとも鋭い歯。これで獲物をしとめます!

 

3:前臼歯
犬歯の後ろにある歯です。
これで力いっぱい獲物を噛み切ります。

 

4:後臼歯
一番奥にある歯です。
人間と同じようにここでかみ砕きます。

 

人間の約10倍の咬合力

犬の咬合力は人間の約10倍といわれています。
本気で噛み付かれたら人間でも重症を負ってしまいます。

 

また咬合力が強いため薬を飲ませようとした時に拒まれると口をあけられません。犬に薬を飲ませるのは慣れるまでが大変です。臭いで犬には薬だ!ってバレてしまいますしね。

 

わたしが昔飼っていたボルゾイは肉で包んでも、綺麗に薬だけ残していました。...器用な奴め

 

スポンサードリンク