ボディーランゲージ

ボディーランゲージ

犬は飼い主の気持ちに敏感

犬はわたし達が思っている以上に人間の気持ちを理解することができます。
しつけに自信を持っていない飼い主は自信のなさが伝わります。
飼い主の機嫌が悪い時も鋭く察知します。

 

ワンワン吠えた時の飼い主の反応もよく観察しています。
「こいつ全然反応しないなあ」、とか「吠えると困ってやがるな」とか

 

犬は言葉がしゃべれないのでわたし達は鳴き声やしぐさで気持ちを分かって
あげる必要があります。犬とのよりよい関係を築くためにも犬の気持ちを理解する事がとても重要です。

 

尻尾を振っているのは喜び??

誰でも知っている犬のしぐさが尻尾を振るパターンだと思います。
この動作は喜びや親密さを表すものだということは認識済みでしょう。
犬が喜ぶ時は身体をクネクネさせ、動き回りじっとしていません。

 

しかし、怒りを表す時も尻尾を振るんですね。

 

歯をむき出してウウーと唸り声を上げて、威嚇してくる時も尻尾は揺れます。
威嚇するときは尻尾を立てて大きく見せようとします。

 

犬の気持ちを判断するには全体のシグナルを見て正しい判断をしましょう。

 

危険なシグナル

犬は自分より優位な立場にある犬や人間の手や顔などをなめ回そうとします。
そしてあおむけに寝ころび腹を出して、時には無意識的に少量の尿を漏らすこともあります。

 

この「うれション現象」は服従と自分は弱いから守ってほしいという気持ちの表れらしいです。単純にうれし過ぎてお漏らしするのではないのかな?びびり過ぎてしてしまう「びびりション」ってのもありますけど。

 

他にも身体をクネクネさせていたり、舌を垂らしていたりする場合も犬が安心している証拠です。

 

逆に、身体を固くしている場合は緊張を表します。撫でている時に急に固くなったらもう止めてくれという意思の表れです。

 

また低い姿勢をとり尻尾を下げ耳を伏せて逃げ腰の場合は恐怖の表れです。
耳をたてて前方に倒し、高い姿勢をとって睨んでくる場合は怒りの表れです。

 

犬は表情が豊かなので怒り・恐怖は顔の表情でわかる事が多いです。

 

スポンサードリンク