聴覚について

聴覚について

嗅覚のつぎに優れた感覚

犬には人間の約4〜10倍の聴力があります。
人間が聞き取れる振動数の20Hzから2万Hzと比べ、犬は16Hzから12万Hzの範囲を聞きとることができます。さらに、音の強弱については人間の16倍、音源の方向定位は人間の16方向に対し、犬は32方向を区別できるとされています。

 

この犬の特徴を利用して、わたしたちは訓練の道具として超音波のホイッスルを使います。

 

野生での生活において、茂みの中の獲物を探したり、危険を察知するために聴覚が非常に発達しているのでしょう。

 

また犬の耳は寝ているときも活動しています。物音を立てるとすぐに起きますよね。

 

耳で感情を表現します。

「耳をまっすぐに立てて、一方向をじっと見つめ動きをぴたりと止めている時」
これは何かに警戒をしている状態です。

 

「耳を後ろに向け傾けたりまたは頭の方向に向け倒しているとき」は喜び、服従または恐怖心などを表わしています。

 

さすがに耳だけで感情を判断するのは難しいですね。犬の感情を正しく判断するには他の部分の反応もしっかりと観察する必要があるでしょう。

 

スポンサードリンク