教材が届きました。

教材が届きました。

すっかり忘れてた頃に教材が届きました。
紙袋の包装をちゃっちゃと破り捨て中身を確認。

 

・第1巻 法令中心の教本
・第2巻 動物学中心の教本
の教材2冊となにやら細かいことが書いてあるピンクの書類が入っています。

 

4月はまだ教本の予習期間という予定になっています。
とりあえず教本をぺらぺらとめくってみました。

 

愛玩動物飼養管理士は1981年に発足されたもので、
すでに24年もの歴史がある資格だったんですね。

 

2級では「動物の愛護及び管理に関する法律(動愛法)」と「動物学や動物の取扱の基本など」を学ぶようです。

 

教本の第1巻は法令中心の内容、わたしは動物関係の法律の知識は0なので役に立ちそうです。

 

教本の第2巻は犬・猫・鳥が中心の内容になっています。
「からだのしくみ」から「しつけ」まで載っていますが、小動物から爬虫類まで載っているので広く浅くといった印象を受けます。

 

家庭犬を育てるために知識をつけようと思っている人は市販の本を買ったほうが役に立ちます。
あくまでペット業者向けを想定して作られた教材ですしね。

 

そういえば、教本の情報って改正されているのかな?
と疑問に思い、教本の内容が改正されているのかチェックしてみる。
ぺらぺらと最終ページを開いてみると
[初版第1版発行 2005年4月1日]

 

いちおう今年は最新の内容になっているようなのでなんだかホッとしました。

 

スポンサードリンク